塾長 

 

中富広幸

 

物語~ストーリー~

こんにちは、春日サンサン塾ブログへようこそ!

 

 

「HPに載せきれない塾長・中富先生のプロフィール」を書いていきますね!

 実は、たびたび、このお話、いつも好評だったんです。

 

 

それでは、行きますか!!

 

【幼少期】

 

 

福岡県博多生まれ

BIGBABYとしてこの世に生まれてきました。4200グラム以上。

 

 

それなのに、今は小柄です。

大きく生まれ小さく育ちました(笑)

 

 

弟ができ、よくお世話をしていました。

この時から何かと人の世話をしたり助けたりするのが

好きになっていったようです。

 

 

【小学生時代】

 

 

面倒見がよくて、そこそこ勉強ができて、目立ちたがり屋。

4、5、6年生の時、持ち前の面倒見の良さをクラスで発揮。

勉強のわからないクラスメートを見つけてはマンツーマンで勉強を教えまくっていました。

 

 

それが評判になり、勉強に困ったときは広くんに教えてもらおうという人が増えてきました。

図らずもそういうことをしていくと委員長とかに推薦されたり信頼を知らず知らずのうちに

得ることになったのでした。

 

 

困ったひとを助けることが喜び、うれしさにつながることを実感しました。

 

 

勉強を教えて

友達にありがとう!!って感謝されるとうれしかったのを覚えています。

 

 

【小学校時代勉強の挫折】

 

 

 となりのクラスのAちゃんに必ずテストの点数で敗れる。

なんでAちゃんはいい点数なんだろう?

 

負けたくないのでAちゃんと同じ塾にいくことを決心する。

 

 

【知らぬ間に中学受験のレールに】

 

 

元はと言えば、Aちゃんには負けたくないとのことで塾に入ったものの

いつのまにか中学受験、偏差値至上主義、受験生に。

 

 

小学5年生から塾に行ったのでとにかく必死だった。(←塾に行く時期は遅い方、みんな早い時期から行っていた)

 

 

小学校では考えられないくらい勉強ができる子がいていい刺激になった。

必死になって苦しいこともあったが、それはそれで楽しかった。

なにより充実していた。

 

 

勉強できる環境、必死になれる環境、集中できる環境って大事だと思った。

 

 

 

【中学時代】

 

 

ギリギリ補欠合格で中学受験合格!!

 

 

補欠合格に劣等感をもっていたので、

中1はとにかくみんなのペースについていけるように

自分ができることを最大限していた。

 

 

勉強することが楽しかった。学校に行けば、毎日、知らないことを知ることができて、それを

家で復習して、次の日の学校の準備(予習)をして。

 

 

不器用なので、とにかくコツコツ準備をするだけで、気づいたらいつも夜12時ぐらいまで

結果的に勉強していた。

 

 

ただただ楽しかった。

 

 

気づいたら、中1、学年1位!!

奨学金をいただき(授業料還付され)、

そのお金で家族みんなでディズ二―ランド(笑)

 

 

劣等感って大きなパワーを生み出すんだと実感しました!!

 

 

 

【高校時代】

 

 

 男子校だったので恋だの愛だの

時間を費やすことなく(笑)

 

 

ひたすら真面目に

 

 

学校の授業を大切にしていました。

 

 

結果的に

慶応義塾大学に合格することに

なるのですが

 

 

学校の授業を大切にするポリシーのおかげで

公募制推薦で

晴れて合格!!

 

 

真面目にコツコツと継続していくことは高評価につながるってことを再認識しました!!

 

 

 

【大学時代】

 

 

上下関係の厳しい昔ながらの寮生活

青春をかけたダンスサークル

男女分け隔てない交友関係

 

 

この3本柱!!

 

 

青春を謳歌しました^^

 

 

明らかに高校時代までの人間関係までとは異なり

交流する人の数や世代の幅も広がりました。

 

 

良くも悪くも

人間関係を学んだ期間でしたね。

 

 

いろいろな可能性にチャレンジしていろいろな世界を見ることができたのも

高校までコツコツと勉強をやり続けて大学に入学することができたおかげだと思いました。

 

 

大学にはいろいろな人やもの、そこから与えられるたくさんの刺激がある!

チャレンジや新たな環境で人間関係を学ぶことはプラス!!(←過去をふりかえると)

 

 

 

【社会人、そして、春日サンサン塾創立の想い】

 

 

教育業界、学習塾に携わって10年近くになり

ある決心をすることに、、、

 

 

そう!アメリカ留学!!

英語習得とビジネス留学☆

 

 

アメリカ・シアトルへ留学

(IBPプログラム)

 

 

高い志をもった仲間たち、ホストファミリー、

日本のアニメやオタク文化を逆に教えてくれたネイティブスピーカー

のアメリカ人

 

いろいろな出会いがありました。

 

 

世界は広い!!

って思いました。

 

 

日本だけの目線でなく

大きな目線で考えると

 

 

もっと楽しいことや

もっとわくわくすることが

発見できることに気づきました。

 

 

勉強することで

 

福岡を離れ

東京で生活し

アメリカで生活し

 

 

いろんな人たちに出会い

いろんな国の人たちと話し

 

 

大きな可能性を感じました。

 

 

日本に戻ると自分は何でもやれる!

どうにかなる!!という大きな自信を持てるようになりました。

 

 

すべては

勉強をして

勉強をし続けて

 

 

自分の可能性にチャレンジし

また、そういう環境に恵まれたからこそ

チャレンジできた。

 

 

親には感謝の気持ちでいっぱいですね。

 

 

日本に戻って思ったことは

 

 

「自分が思っている自分の可能性ってまだまだこんなもんじゃないよ」

っていうのを子どもたちに伝えたいなって。

 

 

自分が思っている以上に大きな可能性、明るい未来が待っている。

ワクワクした未来が待っている。面白い人が世の中にはたくさんいる。

刺激になる人が世界にはたくさんいる。

 

 

勉強をひとつのきっかけにして

 

 

自分の可能性に気づいてほしいし

自信をもって楽しい人生、自分らしい人生を歩んでいってほしいなと。

 

 

そういう想いをもって春日サンサン塾をつくりました!

 

 

もちろん目先のテストの点数UP、志望校合格に向けてがんばることは大事です。

 

 

しかし

 

 

忘れてはいけないのは

 

 

将来自分らしい人生を歩むために

自分の大いなる可能性を広げるために

 

 

今勉強できるきっかけをつくること

勉強を通して培う根性やものの考え方を養うことも

それ以上に大事だということ。

 

 

後々の人生で

乗り越えるべき壁に直面した時に

絶対に生かされます。

 

 

親子の想いをつなげる架け橋として

ひとりひとりのこころの架け橋として

 

 

春日サンサン塾がお役に立てることができるように

成長しつづけていきたいです。