2/11 そ わ か

先日、たまたま立ち寄った書店に 小林正観さんの本があった。なにげなく手に取って読み進めてみた。

 

人生をより輝かせるためには

「そわか」が重要であることに気づいたそうです。

 

そ:そうじ

わ:笑い

か:感謝

 

さらに

 

自分の口からでてくる言葉は、
「言えば言うだけもう一度それを言いたくなるような現象が降ってくる」

損得勘定でいいのです、「ありがとう」を年間1万回言ったとしたら、
また「ありがとう」と言いたくなるような現象が、1万個降ってきます。

 

「嬉しい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ツイてる」という7つの喜びの言葉を、七福神ならぬ「祝福神」と名づけました。
「祝福神」を言っていると、またその言葉を言いたくなるような現象が自分の身を取り囲むのです。
その数が多ければ多いほど、本人が想像する以上の喜びの出来事が起こり始めます。


逆に、「世の中はそんなに甘くない」と言っていると、
いつまでも「甘くない」状況に囲まれるのです。
 
ということらしいです。

 

こういう考えの人っているんだなあと思う同時に、

これから感じ取ることもまた人それぞれなんだろうなあと思いました。

 

小林さんが言っていることが真実かどうかはわかりませんが

こういう考え方だと人生もっと楽しくなる気がするなあと直感しました。

 

 

今日のひとこと

「嬉しい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ツイてる」

世の中は思ったより甘い。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    小池まみこ(真未来塾) (土曜日, 13 2月 2016 16:50)

    塾長先生が、自ら、毎日を楽しみ、喜び、笑って、前向きでいらっしゃる塾!
    とってもステキですね♪
    そして、思いがけないことが起きたときに「ついてないなぁ」ではなくて
    「1つ学ぶことができた!ついてる!!ありがとう!!」と感謝できることは
    未来を生きる子どもたちが、これからの長い人生において役に立つことだと思います★
    勉強でだけでなく、心も磨ける!  春日サンサン塾、最高ですね!!