新小学5年生に向けて(小学生シリーズ)

【今回の記事の対象】

・新小5の保護者の方

 

【今回の記事を読むことの効果】

・小学5年生のつまずきやすいところがわかります

・どこに気をつければいいかを知って前もって準備できます

 

【つまずきやすい、陥りやすい現象】

①国語の好き嫌い、算数の好き嫌いがはっきりしている

②家庭学習をしない、やり方がわからない

③家での勉強をダラダラする、ながら勉強

④集中力がない

~指導要領改定後、つまずきやすいところ、新しく習うところ~

⑤素数(6年から移行)

⑥体積(6年から移行)

⑦正多角形(中1から移行)

⑧比例、割合

 

【最大の山場】

小学5年生の学校における授業のスピードについていけるかです。

あとみなさんおっしゃるのが小学校6年生になるともっとスピードがはやくなったり

宿題が増えたり、ついていけるのかしらと、よくおっしゃいます。

 

6年生のことを考えると、小学5年生の勉強、宿題プラスアルファをこなしておくことが必要です。

そうすると、6年生でも対応することが十分可能です。

 

このプラスアルファに関して言えば、せっかくやるからには本人に今一番必要なものをやると

よりよいのですが、毎日勉強のお世話をしている保護者の方でさえもなかなかアドバイス

しにくいとおっしゃるのが、この5年生の時期のようです。