時間には、、、

以前、朝の情報番組を見ていたら、サザンオールスターズの桑田佳祐さんの

復興ライブのドキュメントが放送されていました。

 

桑田さんは2010年に食道がんを公表しました。

復帰してライブを行い、宮城でまた復興ライブを行うと約束し、

実現し、復興メロディーを届けました。

 

 

番組内で病気前と後の変化についてインタビューがありました。

そこで彼が語ったことは

 

「生きられるという当たり前だと感じていたことがそうではなかったと感じたとき、生きていることがありがたく思えた。だから前よりも今、やりたいこと、今挑戦したいことを今やっていく、努力していくようになった。」

 

と。

 

面談で保護者の方や生徒と話をする時に

 

時間の早さについてしみじみと感じ合う瞬間があります。

 

「まだ、5年生だと思ってたのに、もう中学生です~」

「小学校低学年だと思っていたのに、もう高学年ですね~」

「中学に入学したばかりだと思っていたのに、もう受験生です」

 

とか。

 

保護者のみなさまに言っておきたいのは、

「時が経つのは早いということ」です。

 

これは実際に多くの保護者様が一様におっしゃっています。

 

 

時間は限られています。

 

 

小学校、中学校、高校の大事な時期にお子様がなにか困っていたとしたら、

 そんな時は、なにか協力できたなら、と思います。