家ではいろいろな誘惑がありすぎて勉強ができないときの対処法

塾長が学生時代の時、

どうも家では勉強が集中できないなあという時は

家で勉強をしませんでした。

 

なぜなら、家にはいろいろな誘惑があって勉強が捗らないことがあったからです。

テレビ、ゲーム、、、今の時代はスマホ、PCといろいろな誘惑があります。

 

これらの誘惑に打ち勝つことは並大抵のことではありません。

 

家では、勉強に集中できない時の対処法は2つ

 

1つめは家では集中できないけど、がんばって集中できるように工夫する。

2つめは家では集中できない時は無理して家でしない。他の集中できるところでやる。

 

割り切って、家ではやらないと決め、じゃあ、どこだったらやれるのかを考える。

どこでやったら効率のいいパフォーマンスが発揮できるのか。

 

なので、塾長が学生の時は

通学の時のスキマ時間を活用したり、学校に早朝にいって誰もいない教室で勉強したり、休みの日に図書館に行ったり、塾の自習室を活用したり、散歩しながら暗記を試みたり、ジョギングしながら復習したり、いろいろなことを試していました。

 

家で集中しないで、他のところで集中して勉強の効率をあげる工夫を見出そうとしました。

やらない理由を考えるのではなく、やれる理由を考えました。

 

そうするといろいろな発想が出てきます。

 

ぜひいろいろ考えることを試してみてください。

 

塾の役割のひとつに勉強できる場所を提供することがあります。

宿題を家でやらない、自習が家でできない。

それなら、塾に来てください!

 

ともに切磋琢磨できる仲間が勉強しています。

自然と勉強に向かう姿勢が身につくはずです。

塾に来る目的は、勉強するためだからです。