明日から使える勉強モードに切り替える2つの作戦+α

(対象:保護者の方)

お子さんの重い腰をあげるには、どうやって気持ちを切り替えれば良いのでしょう?

2つのちょっとした作戦をご紹介します。(SCHOOL POSTより)

  • ポジティブ口ぐせ作戦

人は言葉で物事を考えるので、言葉によって心理状態は大きく左右されます。

たとえば「面倒くさいなあ」「勉強なんか意味ないじゃん」などのネガティブ発言は、例え軽い気持ちで発言していたとしても、自らやる気を削いでいることになるのです。

 

逆も然りで、「よしやるぞ!」「なんか面白そう!」「わくわくする!」などのポジティブ発言は、心をやる気にさせます。

お子さんがネガティブな発言をした際には、「できなかったとこができるようになったら、面白くない?」と伝えてあげてください。

 

ここで大切なのは、親御さん自身の意識や行動です。親御さんのネガティブ発言が多ければ、お子さんも確実にそうなります。 意識や行動も“遺伝”します。子は親の背中を見て育つものですから。

 

我が身を振り返って、ネガティブ発言が多いと感じたなら、ご自身がポジティブ発言を増やすことから始めてみてください。

 

  • まずは15分だけ作戦

遠すぎる目標はかえってやる気を奪います。いきなり「1日3時間は勉強しようね」とお子さんと決めても、なかなか3時間も勉強できないもの。

 

「え?うちの子は親が決めたら3時間勉強しますよ」と思われるかもしれません。 残念。お子さんは「とりあえず3時間勉強すればいいんだろ」と3時間だけ机に向かいます。勉強したという“アリバイ”を作るのです。そんな3時間ですから、身になっていません。

 

「勉強すること」が目的ではなく、「勉強したふりをして親を満足させること」が目的なのですから。

当然、テストでも良い結果が出ません。すると、「じゃあ1日4時間」と親御さんは更なるノルマを与えます。それで成果が出れば苦労はありませんよね。

 

高すぎる目標を設定すると、最悪の場合、お子さんは「自分で立てた目標が達成できない」と少しずつ自信をなくしてしまいます。 そのため、はじめの一歩のハードルは低い方が良いのです。

 

例えば、「15分だけやってみよう」と声を掛けて、まずは15分間勉強させてください。 その際、時間だけを単位に目標を設定するのはお勧めできません。多くのお子さんが、「ただ机に15分座っていれば親も文句を言わないだろう」という“アリバイ”作りに熱心になるだけです。必ず取り組む内容を決めることをセットにしましょう。

 

計算や漢字の書き取り、英単語の暗記、理科や社会の問題集…、何でも構いません。重要なのは、お子さんが「15分間でこれこれこういうことをできた」と実感することです。

 

「15分で3ページも進んだ」「15分で40問も解けた」「15分で10個も覚えた」など、「たった15分でもこれだけのことができるんだ!」と実感すると、“集中した15分間の重み”が身に染みますし、何より自信につながります。

 

それが出来れば、「決めたことをやりきった」という達成感でお子さんの自己肯定感が高まり、自信がつきます。そうしたら徐々に、時間を延長させていきましょう。 「15分でこれだけのことができるのだから、30分だったらもっとできるな」というワクワク感を抱けるようになれば最高ですね。

 

子どもに、すこし頑張れば届く、というレベルの目標を立てさせることが重要です。 親御さんも一緒になって15分間何かに集中して取り組んでみる、というのも一つの手ですね。漢字検定や英語検定など、親子で共通の目標にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

この2つの作戦で気持ちをパッと切り替え、勉強と部活動の両立を目指しましょう。

 

 

以上、記事を紹介しましたが、+αで自分の思うところを追記します。

 

1)「ポジティブ口ぐせ作戦」 は有効

親御さんの考え方・言動は、子にも伝わる。子どもが勉強に前向きになれていない時、親自身、周りの人が接し方を変えてみると改善できる。

 

2)「まずは15分だけ作戦」 は目的がはっきりしてこそ意味がある。

勉強を何時間しなさい!家庭学習を何時間しなさい!というだけでは不十分。

何をするか、何を達成するかの方が重要。

 

書いて覚えるという目的ならそれが達成されれば

10分だっていいと思う。

2時間かける必要がない。

 

やる範囲がはやめに終われば

残りの時間をほかに使えばいい。

 

3時間勉強しなさいは、目的が3時間勉強することになって、結局本質からずれてしまう。

時間が過ぎれば、任務完了!という具合に。

 

本質は

何がわかったか、何がわからないか、何を理解してどう感じたか、何が課題なのか。

勉強をする前と後で、どういう風に成長したかを自分自身見つめること。

 

勉強する時間は二の次、あとからついてきます。

そこを忘れないこと。