授業参観の最大のポイントは○○

今日、偶然、塾生の保護者の方と塾の前でお会いしました。

中学校の授業参観に行くんです!とのことでした。

 

授業参観の時、

子どもの気持ちとしては

「ふつー」、「恥ずかしいから手を挙げない」、「いつも以上に発言をしようと思う」

など、いろいろな気持ちがあるようです。

 

保護者の気持ちとしては

「うちの子、大丈夫かしら?ちゃんと授業に集中しているかしら?」

などあると思います。

 

 

ただ、実は授業参観にはポイントがあるのです。

 

それは、保護者の方に対して言えることですが、

 

最大のポイントは

保護者の立場としてではなくお子さんの立場に立ってみることです。

自分が学生のとき、お子さんと同じ学年のときの気持ちを思い出すことです。

 

あのとき、勉強きらいだったなーーーなんでわからんかったんやろーー

そのときはまだよかったけど、この次の単元でわからんくなったっけー

昔と授業の仕方がちがうなーー

とか。

 

保護者が自分の小さい時を振り返るチャンス、それが授業参観です。

このポイントをしっかりおさえることができれば

 

お子さんの気持ちに少し寄り添える

そんな気がするはずです。