少人数指導、小学校の67%で

文部科学省が全公立小学校を対象に

2015年に行った調査によると、

全体の67.4%が「少人数指導」を実施していた。

 

 

1学級を2つ以上に分け、

それぞれ別の教員が指導に当たるもので、

13年の前回調査(61.7%)より5.7ポイント増えた。

 

 

少人数指導の学習内容は

「補充的な学習」が92.0%(前回65.8%)で最も多く、

「発展的な学習」が42.5%(同35.1%)、

「興味関心別の指導」は12.3%(同18.3%)だった。

 

 

一つの学級を

複数の教員が指導するチームティーチング(TT)は

81.0%(同77.6%)が導入していた。(月刊私塾界より)

 

 

一人ひとりへのフォローが行き届いていない現状を

どうにか改善したいという現れでしょうか。