英語力上達の秘訣

塾長がアメリカに留学していた時

ホームステイしていたのですが

 

毎週日曜日、ホームステイ先の家族と教会に行っていました。

それも、また異文化を体験するということで

非常に新鮮な気持ちだったことを覚えています。

 

PRIEST(司祭)が壇上で話すわけですね。

それも面白おかしく爆笑をとっているわけです。

 

ただ自分は

彼が話していることが早口すぎてわからない。

なのに、みんなが笑っている。

 

これは、つらかったですね。ある程度英語を勉強してアメリカに行ったのですが

本場の英語は聞き取れなかった。

 

レストランにいった時もそう。

めちゃくちゃ、早口です。

 

ただ不思議なもので、1年もいると対応できるようになります。

聞き取れるようになります。

生活できるようになります。

冗談も言えるようになりました。

 

ネイティブスピーカーとも友達になりました。

のちに友達が日本に遊びに来た時も案内しました。

PARTYにお呼ばれすることもありました。

映画館にも行きました。

アメリカ人に恋の相談をされました。

さまざまなイベントに連れて行ってもらいました。

レンタカーも借りました。

旅行も行きました。

 

いろいろな思い出ができました。

 

 

英語上達の方法は

 

①1日に英語に触れる時間を作ること(日本語に触れない時間を作る)

②英語で考える脳にする(日本語に変換しない)

③1日に英語を運用する機会を作ること

 

が大事だと思います。

 

強制的に日本語を使わないような環境に身を置く。

運用せざるを得ない状況にする。

(留学しても英語が上達しないのは日本語を使ってしまい、英語を使う機会が少ない、ただそれだけです)

 

逆に日本にいても英語が使える人は

周りに流されず

英語をインプットし、アウトプットすることが習慣化している人

なのです。