期限内に物事を終わらす最良の方法、1/2の法則

小学生、中学生、高校生

提出物やら宿題やら、いろいろとあると思います。

 

今回は

期限内に簡単に物事を終わらせる方法をお教えします!

 

期限内に提出物を終わらせないといけない。

そんな時、どうしていますか?

 

まずは2つのことを実践してください。

1つ、やるべきこと、提出するべきことを紙に書きだす(リストアップ)

2つ、期限の半分(1/2)で終わらせてしまう。

 

例えば、

今日は月曜日。一週間後にワークの提出物がある。

そしたら、水曜日には、終わらせて提出できる状態にしておく。

 

予定は、だいたいが崩れます。ただ予定を立てないと方向性が見定まらなくなる。

予定にゆとりをもつ。人が一週間でやるところを、自分は3日でやる。

 

予定が崩れても、あと4日あるので立て直しがきくのです。

 

今日は5/13ですが、

「宿題5/17までね~」って言われたら

 

5/17までか~ゆっくりできるなあ~

ではありません。

心の中で、1/2の法則ということは5/15が提出期限やなー

と思い直します。

 

5/15提出期限厳守です。

 

5/17までって言われて素直に5/17に提出しても

面白くありません。

 

5/17までって言われて、5/15までに終わらせて自主課題やプラスアルファ

自分で学んできたことをまとめたものを提出したら

この子、面白いな!ふつうの人とはちがう!

ってなります。

 

人の半分の期限でやることは、これから社会に出たときに生きてきます。

仕事早いですね、すごいですねって言われます。

レスポンスをはやくすることで信頼されることもあります。

 

ぜひ、学生のうちから提出期限、1/2の法則を自分のものにしてほしい

と思います。