天才になる方法

ヒロシさんのブログより

 

天才になる方法|イメージストリーミングという学習方法

 

天才とはなんでしょうか? あなたの周りにもいませんか? 

難なく難しいことをやり遂げてしまう人、圧倒的な成果を出す人、素晴らしい物を作り上げてしまう人。

 

でも、天才というと何故か近寄りがたかったり、

往々にしてなんかちょっと変わっている人が多いものです。

しかし、

最新の脳の研究やヒロシの考えを少しいれて天才になる方法を一緒に考えたいと思います。

 

 

頭が良くなるためには

天才の脳の中の構造は一体どうなっているのでしょうか。

ある研究者が天才アインシュタインの脳の1部を遺族に内緒で持って帰ったそうです。

そこで

彼はアインシュタインの脳を調べたそうなのですが、

驚いたことに一般人との違いはただひとつ、シナプスの数だったそうです。

 

アインシュタインの脳は、

シナプスとよばれる神経細胞の数が圧倒的に一般人より多かったそうです。

brain

photo credit: Lights of ideas via photopin (license)

 

シナプスの数を増やす

シナプスとは脳の中の道路と思ってください。

道路が網のように張り巡らせられている脳と、

あまり道路がない脳に車を走らせてみましょう。

 

道路がない脳の方は大渋滞。脳の使い方の効率が悪くなるわけです。

 

一方で

たくさん道路が走っている脳は車はあちこちにいくところができ、

それがひらめきや直感につながるわけなんです。

 

脳は電気信号で動いているわけですから、

色々な所に電気信号をスムーズに送れる方が

脳のひらめきにつながるわけです。

 

では、どうやってそのシナプスの数を増やすのでしょうか。

 

イメージストリーミングの効果

イメージストリーミングとは、

ウェン・ウィンガー氏が開発した脳の能力を上げる方法です。

 

この訓練によって、

脳のシナプスの数を増やすことができるようになります。

イメージストリーミングとはどんなものでしょうか。

 

やり方は簡単で、ボイスレコーダーかパートナーを用意します。

目をつぶり、深呼吸を繰り返し、

瞼の裏側に移ったイメージを声に出して説明するだけです。

 

たったこれだけで、脳のIQを上げることができるようになります。

 

私も試したことが有りますが、

直感が冴え渡り、なんと言えばいいのでしょうか。

 

周りがスロースペースになり

頭の回転が異常に早くなったように感じられます。

頭の回転が速いので、マイナス思考も自然に出てこなくなりました。

 

以下にイメージストリーミングの効果を列挙しておきます。

  • IQがあがる
  • プラス思考になれる
  • ストレスに強くなる
  • 睡眠の質が上がる

あげればもっとたくさん出てきます。

1週間でもいいので、毎日15分位試してみてください。

 

最近はボイスレコーダがなくても

スマホのアプリでも録音できますので、是非挑戦してみてください。

 

アインシュタインはメモ魔

ではアインシュタインは生まれつき頭が良かったのでしょうか?

 答えは「いいえ」です。

 

彼は若い時は知恵遅れと言われ、勉強に非常に苦労したようです。

そんな彼はある習慣をもっていました。

 

それは常にメモ帳を持ち歩き、

思いついたことをメモする習慣があったのです。

 

ある日アインシュタインは

彼女とボートでのデートを楽しんでいました。

 

ボートが波に揺られ、波が収まった時、

彼ははっとしたようにメモに何かを書きなぐる。

それを波が収まる毎に繰り返したと言うんですから驚きです。

 

実は、これこそシナプスの数を増やせれる秘密だったんです。

 

とある修道院では、

修道女の認知症がほとんどない修道院が有りました。

 

彼女たちはある習慣をもっていました。

 

それは毎日日記をつける習慣だったのです。

アインシュタインと同じ習慣ですね。

 

つまりは

声でも手書きでも情報をアウトプットし、

それを手の感覚や視覚、聴覚を通してまたインプットする。

 

それが脳を刺激してシナプスを増やしていると考えられるのです。

イメージストリーミングはその効果を顕著に出せる手法だったのです。

 

ここまで聞いてもあなたはやらないですか?

einstein

photo credit: “Mysticism is in fact the only criticism people cannot level against my theory.”- Albert Einstein via photopin (license)

 

ストレスを徹底的に減らす

さらにシナプスの数を増やすには、ストレスは大敵です。

もしあなたが職場や家庭で

大きなストレスを感じている環境にあるのだとしたら、

できるだけストレスを感じないようにしてみましょう。

 

それができたらしていないよという声が聞こえてきそうですが、

まずはストレスを減らそうと思うことが大切です。

ストレスを感じている人はストレスを感じていることさえ、

気づいていない人もたくさんいます。

 

脳は快楽を欲している

脳は快楽を感じて初めて有効に機能します

この事を多くのひとは勘違いしているんです。

 

頑張っても成果が出ない人は脳がストレスでフリーズして、

シナプスに電流が走らない状態になっているんです。

 

ところがあなたが楽しいことは苦もなく出来ませんか?

 「脳は快楽で動く」ようにできているのです。

なのでできるだけ楽しいことを考えましょう。

 

楽しいと思うことをしましょう。

自分にご褒美を与えて楽しませてやりましょう。

それが実はうまく行っていない事を打開する最善の策なのです。

 

欲を最大限に出す

成功者は非常に欲が強い人が多いです。

ところが

一般人は、この欲を悪いものだと思っている人が多いんです。

 

別に欲は悪いものではありません。

人間は生きていくには絶対に欲が必要です。

 

脳が最高に機能するには快楽が必要です。

この元が欲なんですよ。もちろん欲にのまれるのはいけませんが、

抑圧するのはもっといけません。もっと思い切って自分の欲に素直になってみましょう。

 

この欲を開放することは、

まだ研究途中でもありますのでいずれ記事で書いてみたいと思います。

 

まとめ:

  1. IQをあげるにはシナプスの数を増やす習慣を持つこと
  2. 脳が快楽と思うことをできるだけ増やし、ストレスをできるだけ減らすこと

 

 

以下、塾長より

 

春日市/下白水北/ルミエール近

学習塾/個別指導/春日サンサン塾 塾長です。

 

イメージを言語化、メモ魔になる、脳が喜ぶようにもっていく

これらがポイントでした。

 

イメージを言語化しているイメージをしたところ、

すでになにかしら心が落ち着きました、不思議と。

 

最近、瞑想なり、目を閉じるなり、深呼吸なり、ピックアップしている気が

しますが、五感のうち、何かを制限することで新たな感覚を得たり

プラスになっていくことが興味深いなと思いました。

 

また、時々保護者の方から「ブログ見てますよ~」と

お声を頂戴しているとうれしくなるので

 

ブログ更新が

まさに塾長にとって脳を活性化させることにつながっているのかもしれません。

 

あ!

あと、ブログは、メモの機能的側面もあるから認知症予防にもつながるかもしれませんね!

 

メモをとったり、日記を書いたりして脳を活性化させましょう☆