勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!

 

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!「勉強しなさい!」の連呼よりはるかに効果的

より

 

 

勉強しない子をやる気にさせることはできるのか?(写真:IYO / Imasia)

小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。今連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。

 

 

【ご相談】

 小学5年生の男の子と中学2年生の女の子を持つ母親です。
 上の子はある程度しっかりと勉強する習慣がついているのですが、下の子は遊んでばかりで勉強しなさいと何度言っても、一向にやってくれません。上の子を見ているので、まねして自然とやるはずと思ったのですが、まったくそうはならず、これからが心配です。
 受験の予定はないですが、そろそろ塾に行かせて勉強させたほうがいいのでしょうか。どうすれば勉強するようになるか、教えていただければ幸いです。
(仮名:稲垣さん)

 

 

【石田先生の回答】

これは、おそらく多くの保護者の方々が頭を悩ませている問題ではないでしょうか。子どもが勉強をやらずに困っているということは、古今東西問わず、よくあることです。

勉強をやらせるために、まずは塾へ行かせればいいという考え方が浮かびますが、塾に入れてしっかりやる子もいれば、そうでない子もいるため、一概に塾へ入れれば勉強をやるようになるだろうと期待すると、裏切られることがあります。

 

 

勉強しない理由はさまざま考えられますが、代表的な理由をひとつ挙げましょう。それは、子どもに対して親が「勉強しなさい!」と言ってしまうことにあります。

 

 

「勉強しなさい!」と言われて、「はい、 勉強します!」と言う子どもはいません。それよりも、むしろ「勉強とは嫌なことである」という意識をインプットしてしまう可能性があります。命令的な指示は効果が出ないばかりか、逆効果になる可能性も秘めているのです。

 

 

ある中学校2年生の子どもを持つ親御さんとのケースを紹介しましょう。

それは入塾して初めての面談でした。私が「お子さんの家庭での勉強の様子はどうですか」と尋ねると、お母さんは、「いっさいやりません。学校の宿題もままならない状態なので塾に入れて少しでも勉強してくれればと思っています」と切実な声で答えてくれました。

 

 

以下は、実際にあった会話です。

 私:お子さんが家で勉強をやらなくなったのはいつ頃からですか。
 母親:中学校に入ってからです。小学校の頃も家では宿題以外あまり勉強しませんでしたが、学校の勉強はなんとかなっていました。
 私:中学校に入ってから、お母さんはお子さんに対して「勉強しなさい!」という言葉を家でお子さんに使っていませんか。
 母親:ええ、毎日言っているのですが、一向にやりません。
 私:実は「勉強しなさいという言葉が子どもを勉強嫌いにさせるという事実をご存じですか。
母親:でも、うちの子は言わないとやらないのです。
 私:それは言うから、やらなくなってしまうのです。親は子どもにとって教師ではないので、勉強のことを言われると、子どもは無意識のうちに反発心を持ってしまいます。たとえば、お母さんが家でご主人に「今日は肉料理にしろ」「明日はカレーを作れと言われるよりも「今日の夕飯とてもおいしかったよ」と言われたほうが、次もおいしい料理を作ろうと思われるのではないでしょうか。人間の心というものはそういうもので、やる気は強制された言葉からは出てこないのです。

 

 

私はそのとき、「『勉強しなさい!』と1回言えば、偏差値が1下がると思ってください」ということも言いました。これはひとつの例えなので、本当に1下がるというものではありま

せんが、逆効果になりますというメッセージとして使っていました。

 

 

勉強させるための「2つの方法」

しかし、「勉強しなさい!」という言葉を使ってはいけないとなると、今度は親御さんのほうにストレスがたまってしまいます。そのストレスが何倍にもたまって爆発してしまうと、さらに被害が拡大しますね。では、どうすればよいのでしょうか? 

 

これには2つの方法があります。

 

 

ひとつ目は、「勉強しなさい」という言葉を「やるべきことをやりなさい」と言い換えてしまうことです。

 

 

先述したように、親は子どもにとって教師ではないので、子どもは無意識のうちに親から勉強のことをあれこれ言われることを嫌っています。しかし、人としてあるべき行い(道徳や倫理観など)は親から言われても、うるさいと思いながらも無意識に受け入れてしまうものなのです。

 

 

ですから、「やるべきことをやる」という言葉には、道徳的観念があるので、子どもは反発できません。

しかしそうは言っても、子どもは勉強するようにはなったが、積極的に勉強するようになるとはかぎらず、「やるべきことをやりなさい」と言われたから仕方なしにやり続けるというのも困ります。

 

 

そこで、子どもの心が前向きに勉強に向かわなければ、2つ目の方法を使います。

それは、「子ども手帳」を使うことです。

 

 

手帳といっても独自の子ども手帳が存在するのではなく、市販のお気に入り手帳を使います。そこにやるべきこと(勉強やお手伝い、宿題など)を書き込み、やり終えたら赤ペンで消すというだけのことです。

 

 

一般に、子ども(幼稚園~高校生)は手帳を持ちません。それは手帳を持つだけの予定がなく、時間割は家庭か学校に決められているからです。しかも日々の行動のパターンがある程度決まっており、ビジネスマンのようにルーチンワーク以外の予定が入ることはありません。

 

 

しかし、子どもの行動をつぶさに観察してみると、やるべきことが決まっているにもかかわらず、それをしっかりこなしている子どもは珍しいものです。

 

多くの場合、母親に「勉強しなさい!」「宿題やったの!」と半ばしかられて、ようやく行動を起こします。

 

 

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?それは「勉強」という一見、面倒くさく、魅力的でもない“作業”に心が向かわないためなのです。

 

 

やるたびに「ポイント」がもらえると、さらに効果的

 

そこで心を勉強に向かわせるために「子ども手帳」が登場します。子どもに手帳を持たせることは早いと思われるかもしれませんが、実際に「子どもたちに手帳を持たせて、そこにやるべきことを書かせ、終わったら消す」という簡単な作業をさせるだけで、従来の勉強しない状態から“やる状態”へと、180度転換するようになるから不思議です(詳細は、近日書籍化の予定です)。

 

 

さらに「モチベーション」を引き出すために、「ポイント化」します。つまり、ひとつの行動(タスク)が終わったら、それが1ポイントに換算されて累積して貯まっていくようにするのです。

 

 

世間では、いい点数を取ったら、ご褒美としてお小遣いをあげたり、何か買ってあげたりするご家庭もありますね。身近な人に聞いても、この仕組みを使って動機づけを高めようとする親御さんは多いようです。これは達成したらプレゼントをあげるという「結果」に着目したモチベーションアップの方法ですが、私が着目した点はこれとは異なります。

 

 

 

ポイントは原則的に、行動(やるべきこと)がひとつ終われば、その都度入ってくるのです。つまり、「プロセス」に着目をしているのです。

  

この手帳の目的は、毎日歯を磨くことが当たり前であるように、勉強も“習慣化”させて当たり前にさせることにあります。ですから、日々の予定をこなせば、それが、即、ポイントにつながるということであれば、モチベーションは高まるのです。そして習慣化された勉強は、必ず結果を生み出していきます。

 

 

幼稚園で毎日もらったシールと同じ

ポイント化については、ポイントのために勉強するようになっては困るという懸念を持つ方もいるかもしれませんが、私が知るかぎり、これまでそれによるデメリットがあったとは報告されていません。

 

 

幼稚園では登園するたびに、シールが1枚もらえて張っていきますよね。初めはシールをもらうために幼稚園にいく子がいるかもしれませんが、毎日通園しているうちに、習慣化され、シールのための通園ではなくなっていきます。これと同じことなのでしょう。

 

 

この私が考案した「子ども手帳」の使い方ですが、これまで多くの方に簡単な運用冊子をお渡しし、実行していただいた結果、即日効果があったとの報告を多数受けました。それもあり、今回ご紹介しようと思いました。

 

 

ひとりでも多くの子どもが、勉強に前向きに取り組むようになり、また保護者の皆様の笑顔が子どもに向けられるようになってほしいと願っています。そのひとつの手段として、この「子ども手帳」を使ってみてはどうでしょうか。お子さんの心を高め、毎日の勉強の習慣化につながるはずです。

 

 

以下、塾長より

 

 

春日市/下白水北/ルミエール近

学習塾/個別指導/春日サンサン塾 塾長です。

 

 

プロセスを評価すること

可視化して自他ともにわかりやすくすること

そしてチェックすることの意義について

 

書かれた文章でした。

 

最近、中学生に関してはワーク、問題集のチェック、自学のやり方チェック

をしていてよく思うのですが、

 

やり方を理解していたとしても実際にやれていないことが多々あります。

塾として本当にやれたかどうかをチェックする(プロセス評価)ことは

大事なんだなと再認識しました。

 

「先生ーーー!!分かったー!理解したー!!」

と言う子ども。

 

「じゃ、この問題解いてみ?」

という塾長。

 

「ん~~~、解けませんー、なんだったけな。」

と言う子ども。

 

本人の分かったは

分かったつもりのケースが多々あります。

 

分かったと解けるは

違います。

 

 

だからこそ

本当に解けるかどうかの

チェックが大事だなとも思います。

 

そういうわけで

 

最近、お菓子争奪戦確認テストをこまめにやっています^^

 

けっこう好評です☆