子どもが英語を覚えないのはなぜ?バイリンガル家庭のママが語る、教える時のコツ

子どもが英語を覚えないのはなぜ?バイリンガル家庭のママが語る、教える時のコツ

      2016/06/20 より

22

皆さんは、子どもにどんな習い事をさせていますか?

「将来必要だから」と、英会話教室に通わせているママも多いですよね。

そんなママから聞こえてくるのが「うちの子英語覚えない」というお悩み。

元英会話講師で2歳の息子のバイリンガル子育て中の私が、家庭でやって欲しい「英語を教える時のコツ」教えちゃいます!

 

 

 

■英語に興味を持たせる

英会話講師として沢山の子どもたちを教えてきましたが、伸びる子と伸び悩む子の一番の違いは「英語に興味があるかどうか」。

本人が英語に全く興味がなく、サッカーとかピアノとか別のことしたい!

と言っている状態で無理に英会話教室に行かせても、英語はなかなか覚えてくれません。

最悪、英語を嫌いになってしまう可能性も…。

英会話教室を検討する前にやって欲しいのが、子どもに興味を持たせること。

例えばテレビや動画アプリを使って、英語の音やリズムを音楽として聞かせることから始めてみてください。

息子はアニメのキャラクターと一緒に英語で歌う、リズムに乗って踊る、カラフルな映像を見ながら英語を真似する、といった感じで「英語は楽しいもの」だと認識しています。

一度楽しいと思ってくれれば、繰り返し聞かせることで子どもはどんどん吸収していきます。

本格的に習わせる前に、子どもが英語に興味を持つきっかけを作ってあげて下さいね。

 

 

 

 

■ママの反応が大切

聞かせていれば大丈夫だろうと、子ども一人でCDを聞く・テレビを見るといった状態になっていませんか?

子どもはとても耳がいいので、繰り返し聞かせるだけである程度言葉や発音に慣れて、言えるようになります。

でも、それだけではなかなか覚えてくれません。

大切なのはママがしっかり反応してあげること。

子どもってママが喜んだり、反応してくれることを繰り返しやったりしませんか?

子どもが英語を口にしていたら、 「すごーい!そんなこと出来るの?」「もう一回言って!ママにも教えて!」とべた褒めしてあげてください。

ちょっと大げさかな…と思うくらいがベスト。

息子は私の反応が面白くて、色んな物を見せに来ては英語で教えてくれます。

「ママが喜んでくれるからどんどんやろう!」と思わせることがポイント。

出来るようであれば、ママの褒め言葉も英語でトライしてみて下さい。

 

 

• すぐ使える英語の褒め言葉

(男の子に)Good boy! / (女の子に)Good girl! (いい子だね!)

Good job! (よく出来たね!)

Mommy’s so proud of you!! (〇〇ちゃん、すごい!)

細かい発音なんか気にせず、とびっきりの笑顔で勢いよく褒めてあげて下さいね!

 

 

 

■間違いは間違いじゃない

正しい発音を身につけて欲しいと思うあまり、ちょっと発音が違うだけで「違うよ」「そうじゃないでしょ」とダメ出ししすぎていませんか?

子どもは顎や口の筋肉が未発達。

そのせいで、本人は正しく言っているつもりなのに正しく聞こえないといったことがよく起こります。

そういう状況で頻繁にダメ出しされると、「ちゃんとそう言ってるのに、何で違うって言うの?どうして分かってくれないの?」と感じてしまい、英語が嫌になってしまいます。

息子は「Bath(お風呂)」と「Bus(バス)」のthとsが正しく言えず、どちらも「バフ」と言っていました。

ちゃんと物の違いを理解しているのは分かっていたので、そういうときは否定せず「言えたことをべた褒め→正しい発音で話しかける」を繰り返しています。

筋肉の発達に伴って正しく言えるようになることがほとんどなので、子どもの発音の間違いには神経質にならないでくださいね。

 

 

 

■ママが英語を楽しんで

子どもに英語を覚えて欲しい、好きになって欲しいと思うなら、是非ママ自身が英語に興味を持ってみて下さい。

「ママ分からないから聞いてこないでね」「ママ発音自信ないから言えないよ」という態度を取ってしまうと、子どもはママが英語を嫌がっていることを敏感に感じ取ります。

特に小さい子どもは、ママが好きなこと・喜ぶことをするのが大好き。

ママが嫌いな物を好きになってね!とは言えないですよね。

ママ自身は英語が出来なくても、英語が上達する子どもは沢山います。

そういった子のママたちは、自分も一緒に英語を覚えようとしている人が多いです。

頑張って子どものネイティブの先生とお話したり、子どもと一緒にテレビを見て英語の歌を歌ったり。

発音だって、一緒に学べばいいんです!

一緒に楽しんでくれるママがいるから、子どもは英語を学んでいくんですよ。

 

 

 

■まとめ

子どもに英語を教えるときのコツは、

① 英語に興味を持たせる
② ママの反応が大切
③ 間違いに神経質にならないで
④ ママが一緒に楽しむ

 

我が家は旦那がカナダ人のバイリンガル家庭です。

「だったら何もしなくても、子どもは英語覚えるんじゃないの?」と思われがちですが、実はそうじゃないんです(汗)。

日本に住んでいる限り日本語に触れる機会の方が多いですし、パパと過ごす時間はごく僅か。

4つのコツを実践しているお陰で、息子の英語力は日本語に負けず育っています。

効果は実証済み!

是非試してみて下さいね。

 

 

以下、塾長より

 

春日市/下白水北/ルミエール近

学習塾/個別指導/春日サンサン塾 塾長です。

 

外国のお友達ができたりすると

英語で会話したりすることが

楽しくなってくるんですけどね。

 

福岡市、博多、天神に行くと

それでこそ

多くの観光客を見かけます。

 

肌で実感するとまた意識が変わってくるかもしれません。