7カ国語話者が教える英単語暗記法

7カ国語話者が教える英単語暗記法より

 

実は学校教育で行われている
あるたった一つの間違いで
英語学習が難しくなっています。

僕たちは学校教育で
スペルと日本語訳を対にして
英単語を覚えさせられました。

例えば、「appreciate=感謝する」のように
スペルと日本語訳を覚えさせられました。

しかしこれは
めちゃくちゃ難しいのです。

アルファベットという意味の無い記号の羅列を
1万個以上 記憶する事は
ほとんど不可能と言ってもいいのです。

実を言うと、ネイティブですら
英単語のスペルを覚えていません。

しかし、英語ネイティブは、
英単語のスペルは覚えていませんが
英単語を読めて、聞けて、話せます。

そして、英単語のスペルを知らなくても
何の苦労もせず生活しています。

実はこれは日本人も同じです。

僕たちも「書けない漢字」って
沢山ありますよね。

例えば、日本人は
「薔薇」という漢字を書けません。

しかし僕たちは「薔薇」という漢字を書けなくても
「バラ」という単語を読めて、聞けて、話せます。

そして、「薔薇」と書けなくても
生活で苦労する事はありません。

これは、英語ネイティブでも同じです。

英語ネイティブは英単語のスペルを
書けませんが、普通に生活できています。

何が言いたいかというと、
英単語のスペルというのは
ネイティブでも覚えるのが難しい上に
覚える必要も無いのです。

しかし、僕たちは学校教育で
英単語のスペルを書くという難しい事を強制され
そのため、英語学習を挫折したのです。

僕の先生である7ヶ国語話す日系アメリカ人の方は
こう教えてくれました。

「最初に英単語のスペルや意味を覚えてはいけません。
最初に英単語の音を覚えてください。」

僕は彼の言葉に従い
以下のように単語を暗記しました。

1.英単語のスペルを見て
一瞬で英単語を発音する訓練をしました。

2.次に、英単語の意味を暗記しました。

以上の方法で英単語を覚えると
音を軸として英単語を記憶できます。

発音できない単語はじきに忘れてしまうものです。

たとえ意味を忘れても、
発音だけでも頭のどこかに残っていれば、
こんど覚えるときに楽ですが、
発音と結びつかない言葉はいつまでたっても
親しめないものです。

渡辺照宏(1962年) 外国語の学び方 岩波書店

 

音で英単語を覚えると
意味の無いアルファベットの羅列を
丸暗記する必要が無いため
スムーズに英単語を覚えられます。

しかも、スペルではなく音で英単語を覚えるので
英語を聞き取れるようになります。

さらに言うと、ステップ1で英単語を
声に出す訓練を何度も繰り返すため、
咄嗟に英単語が口から出るようになります。

この訓練だけで最初の一ヶ月で
英単語を使い意思の疎通ができるようになります。

さらに高度な英語を話したければ
英文を組み立てる訓練をすればよいだけです。

これはすごく簡単で、
僕自身は1ヶ月の訓練で
留学先で現地の外国人を集めて
部屋をかり、英語で講演していました。

なぜ、これほど素早く話せるようになったかというと
単に英単語を発音する訓練を最初にしたからです。

とにかく、

  1. 英単語の発音を覚える
  2. 英単語の意味を覚える

というステップで英単語を覚えれば
素早く暗記できて、英語を聞き取れて話せるようになります。

 

 

 

以下、塾長より

 

春日市/下白水北/ルミエール近

学習塾/個別指導/春日サンサン塾 塾長です。

 

 

英単語を覚えるためには

まずは耳を鍛えることから。

 

日本における英語教育で一番ダメだと思うのが

英語をカタカナ読みすること。

 

だから

Monday を Mandey

とか

soccer  を sakar

とか

してしまう。