勤労感謝の日から見る歴史の点数UPの仕方

ブログ大人の歩き方より

勤労感謝の日!

勤労感謝の日は、11月23日にある祝日で、
「祝日法 第二条」によると、

勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう

という意味で、昭和23年に制定された祝日なんです。

 
分かりやすく言うと、

仕事をしている人たちを尊敬して、
みんなで、生産品や収穫を喜びましょう。

 

そして、
みんな!お互いに感謝をしあおうよ!!
という日なんです。

 

とはいえ、実は、
複雑な歴史も持っている、祝日だったんです。


 

勤労感謝の複雑な歴史とは?

勤労感謝の日の、ルーツですが、

日本書紀にも出てくるほど、古ーい歴史のある、
「新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)」という、
五穀豊穣のお祝いが、元なんです。

 

五穀豊穣って?
【五穀】・・・穀物のこと。
一般的には、米・麦・粟・豆・黍(きび)または稗(ひえ)

 

【豊穣】・・・たくさん実ること。
 

合わせて、穀物がたくさん実ること、
となります。

 

 新嘗祭とは?
天皇が国民の代表として、神様に五穀を奉納して、
神様と一緒に、召し上がる、

という、作物の収穫を感謝する儀式なんです。

 
そんな新嘗祭ですが、

新しい天皇になったときの、最初の新嘗祭は、
大嘗祭と呼ばれ、宮中行事の中でも、
かなり重要な儀式だったんです。

それだけに、

作物の収穫が、とても大事なことで、
作ってくれる農民や神様に、すごく感謝をしている、
ということですよね。

9660bd0e11ace3cec78cd0030e4f2c9e_s

ここから、歴史の話に、うつっていきますよ。
 

戦前の天皇は、神格化された存在だったので、
国民からも祀られていたんでしたよね。

で、昭和20年、日本が戦争に負けたとき、
天皇は、普通の人間として扱われることになります。
 

戦後の政策によって、新嘗祭は、
天皇個人のお祝いと、されてしまったんです(・ω・`)

 
すごく、大事な儀式だっただけに、
天皇の力を、弱めたかったのかもしれません。
 

その代わり、「勤労感謝の日」と名を変えて、
みんなの働きに、感謝しよう!!
となったんですね。

 

 

 

以下、塾長より

 

国民の祝日ひとつ取ってみても

歴史と深くかかわることが分かると思います。

 

歴史の点数UPの秘訣は

つながりを感じて覚えることです。

 

なにかが制定された背景を知ることで

つながりを感じて覚える。

 

そもそも事件のひとつひとつをぶつ切りにして覚えるのではなく

歴史をひとつのドラマと捉えて流れやつながりを感じて覚える。

 

いやいや、テスト勉強のために覚えるって苦痛しかありませんよね。

自分がいま生きている世界と照らし合わせたり、その時代にタイムトラベルをしたりする空想をしたり

もっと余裕をもって、もっと面白がれると

 

結果的に歴史が好きになっていますよ。