人気芸人達が教える勉強法!

 

 

 

 

4月2日に放送されたテレビ朝日系の番組アメトーークの3時間スペシャルにて行われていた企画「勉強しまくった芸人」

過去、同番組で「勉強しかしてこなかった芸人」「勉強大好き芸人」と芸人さん達の勉強に関する企画が行われ、その中で芸人さん達、それぞれの勉強法を紹介していました。

今回も同様に勉強法を紹介していたのですが…その紹介されていた勉強法を始め、出演していた方々が他のメディアやインタビューで語っていたものも含めて、いくつかまとめてみました。

試験、受験、資格…これから勉強をしようと思ってる方の参考になりそうな勉強法があるかもしれません…それでは、ご覧ください。

オリエンタルラジオ・中田敦彦さんの勉強法

量より質

量で失敗した経験から、勉強は質が大事だと語る中田さん。

「勉強の時間で大事なのは量より質なんですよ。」

「短時間で集中した方が良いよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

勉強は早朝にすると良い?

「オススメしたいのが早朝3時から朝6時まで。」

「なぜ良いのか?説明します。まず、どんどん頭が冴えて来ます。」

「夜中、勉強した時のこと思い出してみてくださいよ?どんどん眠くなりますよね?」

「後半、我慢して起きて勉強してるけども、寝ちゃって朝起きたら、ノート何書いてたか、わかんないってあるんですよ。」

「つまり後半、一生懸命(眠気を)我慢してたところ、ほとんど効果ない。」

「ところがどうだ?朝、どんどん目が冴えてくるから。どんどんエンジン掛かってくるんですよ。」

「記憶が定着した状態で朝ごはん食べて、いってきます!ですよ。」

「他に何が早朝に良いかと言いますと、誘惑が何もないんですよ。」

「やっぱり夜、勉強しようとすると、面白いテレビやってますよね?」

「友達も起きてるからメールも来ちゃう。ね?SNSだって盛り上がってる。」

「そんなことがあるけれど…深夜3時から朝6時はどうでしょう?」

「アメトークはその時間放送してますか?友達も起きてない。だから大丈夫。集中出来る。」

出川哲朗「…昼間になったら眠くなっちゃうんじゃないの?」

「いい質問ですね~!」

「本当に大事なのはやっぱり試験本番じゃないですか?」

「試験本番の時に早めに起きて、スタンバってる方がいいんです。日中に。」

「夜中にピークを持ってくる脳みそだったら、朝どうなります?眠いですよね?」

「昼頃、ようやくだ。学校の授業は関係ないから、学校は寝て過ごすっていう生活をしてる受験生は多いんですよ。」

「だけど、ホントのテストって日中でしょ?」

「日中に冴えるには夜型より、朝型のが良いんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトーク

 

中田さんの言うように朝は記憶しやすい時間帯と言われているようです。

朝は1日のなかで、もっとも頭脳が冴えわたっている時間帯です。その状態は午前中ずっと持続します。

出典 http://www.siken-benkyou.com

 

睡眠には、前日に海馬にたくわえられた情報を整理整頓する働きがあります。
ですから朝起きた時というのは、脳内が整理された直後であり、真っ白の純粋なキャンバスなわけです。人間でいえば、純粋無垢な幼児であり子供の年代です。

出典 http://www.siken-benkyou.com

 

そのため朝に勉強することによって、記憶の干渉を受けずに、脳内にすんなりと情報を送り込んでいくことができます。目にするもの、耳にするものが新鮮に感じられます。

出典 http://www.siken-benkyou.com

 

また朝ごはんを食べてからが効果的とも。

朝の脳は睡眠によって十分に休息がとれている状態。そこに栄養が取り入れられることで、脳は働きやすい状態になります。そのときこそ、記憶力がアップした状態なのです。

出典 http://woman.mynavi.jp

リフレッシュの仕方

中田さんは勉強の際のリフレッシュについても語っています。

「ズバリ言いますよ。違う教科をやること。」

「皆さんがイメージしているリフレッシュってこっちですよね?」

「ゲーム、漫画、インターネット、スポーツしたり、スイーツ食べたり、DVD見たり、足湯に入ったり。そういうことですよ。」

「これなんでマズイかって皆さん気付いてるんですよ。戻って来れなくなりますよね?」

「だから、これね。考え方が違う。本当のリフレッシュはご褒美じゃない。むしろ、味変えなんですよ。」

「味変えってどういうことかっていうと…コーンポタージュ飲んでました。大好きだけど、飽きてきましたよね?その時に違う物食べますよね?」

「コーンポタージュに飽きたからといって、足湯入りませんよね?だとしたら、味変えってどういうことかというと、違う教科をやることだ。」

「これが出来るようになったら凄いですよ。」

「日本史頑張って飽きたな~と思ったら、数学やる。数学やって飽きたな~と思ったら、英語やる。英語やって飽きたな~と思ったら、地理やる。これが出来る受験生想像してみてください。」

「これ、無限、リフレッシュ状態だ!」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

このリフレッシュについて田畑藤本の藤本淳史さんがこう付け加えています。

「脳の使う場所が違ってくるんですよ。だから、休められる。」

「左脳っていうのは論理的思考を司る脳なんですね。」

「右脳っていうのはイメージを司る。」

「だから、単純な計算問題だったり、英単語の暗記とかをする時は左脳が動いてるんですね。」

「それに対して、右脳はイメージなんで国語の問題を解いていったりとか、グラフの形をイメージしてる時は右脳を使ってるんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

藤本さんが語っているように脳はこのような働きをしてるそうで…

左脳は「論理的な思考」を行う脳で、人間が特に発達した脳です。
左脳は、丁度パソコンの CPU のような働きをします。プログラムを利用して、文字や数字を論理的に分析するような働きをするそうです。

出典 https://www.microsoft.com

 

右脳は、図形や映像の認識、空間認識、イメージの記憶、直感・ひらめき、全体的な情報処理などを受け持っています。絵を描いたり、楽器を演奏したりするのは右脳の働きです。
右脳は、イメージ脳、感覚脳、アナログ脳などと呼ばれることがあります。デザインや音楽などの芸術的な活動や、アイデア・ひらめきなどを必要とする企画の仕事、学問的な研究や技術の開発などでは、右脳の働きが重要になります。

出典 http://goodbrains.net

 

中田さんですが、他のインタビューではモチベーションが大事とも語っています。

「モチベーションを持つことが大切です。

漫然と勉強すると、何が必要かわからずつらくなります。もし失敗しても、数年後に幸せに過ごせていたら、笑って思い出せますから」

出典 http://r25.yahoo.co.jp

「勉強が本業のときは苦痛なんです。でも、最近ウィスキーと長寿について学びましたが、興味ありきの勉強は楽しいんです。そのときには間違いなく受験勉強での方法論や、蓄えた知識が生きますよ。だから嫁には『あなたは今も受験勉強してる』と言われますけど」

出典 http://r25.yahoo.co.jp

ロザン宇治原さんの勉強法

勉強をしていて眠くなってしまった時は…

「どうしても眠たくなったら、(本を持って)こういうのを机に置いて、(頭を乗せて)こう寝ると。」

「あの、しんどいから起きてしまう。」

出典テレビ朝日 アメトークより

暗記をする時は体を動かした方が良い?

「暗記する時って体動かした方が良いんですよね。」

(本を開いて読みながら)「ぼくは歩きながらやってたんですよ。」

「問題解く時は座らないと無理ですけど。」

「覚えるだけの時はこっちのが入りやすいですよ。」

「元素記号はこれで覚えたんで…勝手に出てくるんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

歩いて勉強する、記憶するということは脳にとっていいことらしく…

人間は歩くと心臓の鼓動が速くなり、座っている時よりも多くの血が体内を循環することになるので、血中の酸素が筋肉だけでなく体中のあらゆる器官に行き渡るようになり、脳にも酸素がたくさん供給されるようになります。

出典 http://gigazine.net

 

この結果、運動中や運動後に記憶や注意力に関するテストを行うと、座っている際よりもパフォーマンスが向上することが分かっているのですが、これはとても軽い運動でも十分に効果を発揮するそうです。

出典 http://gigazine.net

 

特に歩くことは脳の「海馬」にとって良いそうで…

「人間の場合、認知機能を司る海馬は、生涯にわたり再生することができます。筋肉が運動によって太くなるように、海馬の脳神経も運動により発達し、脳の神経そのものが増えるのです」

出典 http://dime.jp

 

「海馬は学習や記憶などの役割を持っています。昔のギリシャでは哲学者が歩きながら議論していましたが、彼らは軽い運動が発想を豊かにすることを知っていたのでしょう。加えて海馬は、欲望やストレスの脳である視床下部が暴走するのを制御しています。つまり、海馬を鍛えることで、ストレスに強い脳を作ることができるのです」

出典 http://dime.jp

 

また宇治原さんは動きでも覚えた方が良いとも語っています。

「バスケのシュートフォームで…例えばあの…ラ行変格活用って古典であるんですけど。あり・おり・はべり・いまそかりっていうのを。」

(バスケのシュートを打つ動きをゆっくりとしながら)「あり・おり・はべり・いまそかり…ってやると、これは今、体を動かしたら、勝手にもう今でも出てくるんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

その他に覚え方として…

「覚えたい時、それが答えになる問題を自分で作るんですよ。」

「そうすると覚えやすい。」

「例えば、織田信長が答えになる問題を自分で考えるんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

オアシズ 大久保佳代子さんの勉強法

                 

アンダーラインは引き過ぎない

「単語とか用語を線で引くんですよ。ラインでね。」

「でも、これ何回もやってると、どこを消していいのか段々わからなくなっちゃうんですよ。」

フルーツポンチ村上「アンダーラインで覚えちゃうと、この配列じゃないと覚えれないっていうのが出てくるので。あんま良くないです。位置で覚えちゃうんで。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

英語に関しては…

「あたし、英語のアクセントっていうのが、必ず英語の最初に出てくるんですよ。あのどこにアクセントが付くか。だから、日常、目に付いた物、全部アクセントを意識して言おうっていうことをしてました。」

「アメトーク、この番組、このテレビジョン。テレビヴィジョン。テレヴィジョンはインタレスティング…とか。全部アクセントを付けるんです。」

出典テレビ朝日 アメトークより

ロザン菅さんの勉強法

 

菅さんは日本史の覚え方について語っています。

「まず日本史は教科書、全部ふわ~って見るんですよ。日本史の流れを入れるんですよ。」

「で、流れが凄い簡単で。あれって土地は誰の物なんですか?って言ってるだけなんですよ。」

(中略)

「皆さんがやってることって、野球のルール理解してへんのに、阪神の2軍の選手めっちゃ詳しいみたいなことしてるんですよ。」

「まず野球のルール覚えんと。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

菅さんがおっしゃってるのは年代や用語ばかりを詰め込んでも覚えづらいということですかね。

教科書を読む、流れを理解しておくということについては相方の宇治原さんもインタビューでこう語っています。

僕自身、日本史の教科書を読むときに、時代ごとにバラバラに読むよりも、最初から最後まで通して読んだほうが頭に入るなあっていうのが経験上あったんで。物語として読むというのはそういうことです。

出典 http://www.gentosha.jp

 

また宇治原さんはお話として日本史を面白がることも大事だと語っています。

面白いと思って読んだり見たりしたもんって勝手に覚えてますから。もちろん、受験対策としては最終的には問題解いたりっていうのもちゃんとしないと駄目なんですけど、それまでに「日本史をどれだけ面白いと思えてるか」っていうのが大事なんです。

出典 http://www.gentosha.jp

 

菅さんも…

「言うたら、大河ドラマってみんな面白く見るじゃないですか。結局、その拡大版だと思うんですよ。ですからほんまはもっと普通に面白いはずなんですよ」

出典 http://news.mynavi.jp

レイザーラモンRGさんの勉強法

RGさんは自身のあるあるネタに絡めて…

「勉強だと思ってたから、難しかったんですよ。」

「あるあるだと思ったら、こんな簡単なことない。楽しいことないんですよ。」

「で、地理なんていうのは、めちゃくちゃあるあるの宝庫で。」

「町がどこに出来るかって大体あるあるなんですよ。川の近くとかなんですよ。大体。」

「で、川は大体氾濫しがちなんですよ。氾濫しがちやから、ちょっとだけ高いところに行く。水の捌けがいいところは田んぼを作る。」

「雨が凄い降るとこは米作りがち。雨ちょっとだけ降らんとこは小麦作りがち。」

「全部ガチなんですよ。」

「勉強ってあるあるなんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

フルーツポンチ村上さんの勉強法

村上さんは授業中のノートの取り方について語っています。

(「授業中は)「大袈裟に言えば、ノート取らないぐらいの方が良いんですよ。」

「映画見てる時、ノート取って、映画見てたら、その映画の内容入って来ますか?って話なんですよ。」

「だから、授業を先生がね。説明してる時にノート取りながらだったら、ノートを取ってるだけ。暗記をする為の時間じゃない。」

ロザン菅「(意識が)綺麗なノートを作ろうとしがちやしな。」

オリエンタルラジオ中田「ノートを取るなら、黒板に書いてることよりも、黒板に書かずに喋った中で、おっ?って思ったことをメモる。」

オリエンタルラジオ中田「ぼくは半分ノート割って、右は先生の発言をメモるっていう。(左は黒板のメモ。)」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

他の番組では英単語の暗記法について…

【英単語の意味を感情と一緒に覚える】

心が動いたことは記憶にも残りやすい。
例えば、「alive(生き生きとした)」を書いて覚えても忘れてしまう。しかし、生き生きとしたって感情を乗せながら「alive!」と発音をすると覚えられる!

出典 http://www.nhk.or.jp

田畑藤本・藤本さんの勉強法

出典 http://natalie.mu

 

左が藤本さん。

フルーツポンチ・村上さんのノートの話に続けて、語っています。

「結局、復習の時はノート必要じゃないですか?でも、自分取ってないじゃないですか?」

「で、どうすればいいかというと、クラスメイトで絶対取ってるやつから借りたらいいんですよ。お願いして。」

「ただ一生懸命作ったノートを何にもしてないサボってたやつに貸すのは嫌じゃないですか?だから、そこは交換条件を提示しないといけないんですよ。」

「で、ぼくがやってたのはぼくはずっと学年で一位の成績だったんですよ。」

「ぼくが勉強を教えてやるから、ノートを貸してくれ。この交換条件で、ぼくはノートも手に入る。向こうは勉強も教われる。で、ぼくは勉強を教えることで更に理解が深まるんです。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

別の番組ではこのようなことを…

【授業中は内容理解に集中!】
ノートをとらずに授業内容を理解することに集中。
時間中に理解できなかったことをその直後の休み時間に先生に聞きに行く。
※先生に解き方を説明、記入してもらうためにノートを持参。
復習のためのノートを友達にコピーしてもらう。
ノートのコピーをその日の寝る前に復習する。

出典 http://www.nhk.or.jp

 

ノートをとっているとどうしても「後で見たらいい、いつでも見れる」という感覚になってしまう。後回しにしたことは忘れてしまうので、後回しにしない癖を付けることが大事。ただし、この方法は解き方を理解する数学や物理のようなタイプの勉強に使える方法だということと、ノートをコピーしてくれる友だちの協力が必要だぞ。

出典 http://www.nhk.or.jp

新日本プロレス棚橋弘至選手の勉強法

質より量という場合もある

オリエンタルラジオの中田さんは「量よりも質」と語っていますが、新日本プロレスの棚橋弘至選手の場合は「質よりも量」だったと語っています。

「あっちゃん(オリエンタルラジオ中田さん)は、元々勉強が出来てるベースがあってからの量より質なんですね。」

「ぼくなんかもうずっと、運動部で体力はあったんですけど、勉強が追い付けない人にとってはやっぱり量やるしかなくて。」

「ぼくは一日、最高20時間勉強を。平均でも15時間から20時間は勉強をやって。」

「部活をやって勉強を諦めるんじゃなくて、部活を一生懸命やった子達は凄い体力があるんで。もう量で追い込む方法も否定しきれないと思うんですよ。」

出典テレビ朝日 アメトークより

 

いかがだったでしょうか?皆さん、それぞれ自分に合った勉強法を確立されて、実践していたから、今があるんでしょうね…

 

 

 

 

 

 

以下、塾長より

十人十色、勉強法はいろいろありますが、

一番の勉強法は学校の授業を受け身で聞いているのではなく

 

せっかくの機会、学校の授業をうまく生かして学習内容の理解を深めることですね。

 

今、学校の授業についていけない子。

巷では、どうしても復習に注意がいってしまいますが、

むしろ予習がキーポイントになってくるかと思います。

 

予習をしていなければ

せっかく復習で追いついたとしても

また授業でわからなくなって

また負のスパイラルになってしまいます。

 

一度わからなくなってしまった人は

絶対的学習量を増やすこと。

 

 

学校の授業の前に、よそで習ってくるな~~!って学校の先生に言われますか?

自学自習(先取り学習=準備)をして学校の授業を受けましょう!!

 

 

塾長自身、中学1年生で中学2、3年の内容をやっていたので、かなり余裕をもって

勉学に励んでいましたよ!