勉強習慣のポイントとなる小学校低学年に親がすべきことって?

勉強習慣のポイントとなる小学校低学年に親がすべきこと!より

 

子どもが自分から勉強してくれたらどんなにいいか…。そう思う親御さんは少なくないでしょう。毎日「勉強しなさい!」と言ってばかりいるのは大変ですからね。自ら勉強する子どもにするには、低学年のうちに親がどう勉強に関わっていくかがポイントになります。

 

低学年のうちからそれを知っておかないと、子どもが成長した後に取り戻せなくなって、後悔することにもなりかねません。「そんな早いうちから!?」「忙しくてとてもできない」と思っている方も、以下に説明することを読めば、きっと「やってみよう」「やらなければ」と思うことでしょう。

 

教えなくていいんです!親は「勉強を一緒に取り組む」くらいのスタンスで

親になると毎日忙しいですね。家事に育児、外で働いているならそれも加わって、毎日目が回るような忙しさです。ですから、自分の子どものために時間を割くのが難しいこともあります。家事ができないからと、幼い子どもにテレビを見せっぱなしにしてしまうこともあるでしょう。

 

でも、小学校低学年というのは、甘く見てはいけない時期なのだということを、肝に銘じておいてください。まず、小学校に入学してきた子どもたちは、みんなおんなじスタートラインに立っていると思ったら、それは違います。文字の読み書きからして格差が生じているのです。

 

最近の幼稚園では、少しずつではありますが、ひらがなの勉強をさせています。ですから、幼稚園を卒園した子どもたちは、ひらがなで自分の名前が書けたり、ひらがなで書かれた本を自分で読めたりしています。

 

一方、両親ともに働いているため、保育園に通っている子どもも多いですが、保育園で過ごしてきた子どもたちは、こういった教育は受けていないことが多いのです。ですから、同じ入学直後の子どもたちであっても、ひらがながすらすら書けたり読めたりする子どもから、まだひらがなの読みすらできない子どもまで、幅広く存在しているのです。

 

保育園に子供を通わせていた親御さんがこのことに気づくと、勉強についていけないのではないかと心配になり、レベルの高いワーク集を子どもに与えて取り組ませたり、学校でのテストの点数を非常に気にしたりする傾向にあります。

 

ただ、共働きですから毎日本当に忙しいはずです。ですから、子どもにワークなどは与えても、一緒にやれる時間がなく、与えてしまったら後は子どもにお任せとなってしまうケースが多いようです。

 

その上、こんな小さなうちから勉強に格差があるのでは、今後どんなに勉強が遅れていくことだろう、何とか勉強をさせなければならないと思うようになり、勉強に対して厳しい態度をとってしまって、何とか難易度の高いワーク集を子どもに解かせようと、むきになってしまうこともあるのです。

 

でも、低学年のうちにそのような難しい問題を解けるようにと、厳しくやらせる必要はありません。子どもが勉強している時、わからないなと思ったら親に聞くでしょう。その時に一緒になって考えたり、答えが分かるように説明してやったりすれば、それでよいのです。いきなり難解なワークを突き付けても、決して子どもの頭が良くなるわけではありません。

 

親が必死で教えようと、ぴったりくっついて勉強を見ていると、親が見ていれば勉強できるけど、自分で勉強することはできないという事態をも生み出してしまいます。「自ら勉強できる子」とは程遠い姿ですね。

 

子どもが勉強のことについて相談してきたら、必ず手を休めて聞いてあげましょう。また、ただ子どもからの質問を待つばかりでなく、テストがあった時には返却されたテスト用紙をよく見て、子どもの弱点を知るようにしましょう。そして、比較的時間のとれる休日などに、その部分を丁寧に説明してあげるのです。

 

やらなくてよいことは、その子の実力以上の難解なワーク集を解かせなければと焦り、親が懸命になって教えてやるということです。そうではなく、子どもが勉強できるよう、誘導してあげることが必要なのです。親は子どもに勉強を強要するのではなく、子どもが勉強する様子をしっかりと見つめ、フォローしてあげるようにしましょう。

 

 

 

以下、塾長より

余裕をもって勉強を見守る姿勢が大切なんですね。

よく教育ママさんは、教育熱が有り余るため自分で教えようとする傾向にあるようですが

 

子どもは自ら学びます。

 

泳がせて泳がせて、回り道させて回り道させるぐらい

親も大人も余裕をもって

子どもたちに接していきたいものです。

 

特に小学校低学年は大事ですね。