これで暗記の天才に!?記憶力を急上昇させる方程式の存在

これで暗記の天才に!?記憶力を急上昇させる方程式の存在より

 

憶力を鍛えたい…
自分、物覚えが悪すぎて…

今回はそんなあなたに、
最強の完全記憶を作成するための
「記憶の方程式」を伝授しましょう。

この方程式を知っておけば、あなたの
暗記力は超人並みになってしまいます。

 

記憶力のことを話す前に、
僕自身のことをお伝えしておきます。

 

僕はもともと、暗記が大っ嫌いです。
というか、今でも嫌いです。

 

覚えるのがどうしても苦手で
ずっと苦労させられてきました。

高校の頃は、毎週あった英単語テスト
いつも、20点満点中2点とか

間違えた単語につき10個ずつ
毎週計180個の英単語を書かされたり

世界史は小テストは散々な点数を取り続けて
赤点以外とったことなかったり

公式が覚えられなくて何回も書いてみるけど
テストになるとどうしても思い出せなかったり

 

とにかく悩む棒人間

暗記が、大の苦手でした。

 

それでも、とにかく暗記しないことには
何も解けないので、初めはすごく苦労してました。

でも、ある時を境に
暗記が超簡単になりました。

そのある時っていうのが
「記憶の方程式」を知った瞬間
だったんです。

 

記憶の方程式を知った瞬間に

「覚えることってこんなに簡単なのか!」
とめっちゃ驚いたのを覚えています。

 

あなたもこれからたくさん
暗記をしていかないといけないですよね。

 

この記憶の方程式を知っているかどうかが
今後の「覚えやすさ」に直接関わります。

知っていれば、覚えやすいし、
知らなければ、覚えられない。

 

今回はきわめて重要な『記憶の方程式』を
あなたにお伝えしていこうと思います。

 

記憶というと「覚えること」ですよね。

すごく複雑に見えてくる
「覚える」という行為なんですが、
実はすごく簡単です。

 

というのも、記憶の強さというのは
たった3つの要素の掛け算
記憶の強さが決められています。

 

この方程式を知り、使いこなすことができれば
あなたの記憶は強力に脳に刷り込まれます。

 

「あー…あれ?なんだっけ」
と問題を解く際に悩むこともなくなり、

「何周もしてるのに全然覚えられない…」
と自分の記憶力に
自信がなくなることもなくなります。

 

今すぐに記憶の方程式を
あなたの単語帳の表紙の裏に
メモしておきましょう!

 

『記憶の方程式』

「記憶の強さ」=「印象」×「反復」×「連想」

 

これが、記憶・暗記の本質です。

あなたが物事を覚える時、
これをしっかりと理解する必要があります。

 

 

『印象』とは、覚えたいことに
初めて触れたときの、インパクトのことです。

例えば、一目惚れした人の顔は忘れにくいです。

なぜなら、初めてその人を見たときの
印象がものすごく強いからなんですよね。

 

他にも、あなたが昔に体験した
怖かった体験とか涙を流すほど感動した経験
飛び回るほど嬉しかった喜びの記憶とかは
きっと今でも簡単に思い出せると思います。

これも印象の強さが大きいからです。

つまり、覚えたいことの
印象を高めることが第1のコツです。

 

『反復』、これは言うまでもないですね。

記憶は、その知識や経験と出会った数だけ
どんどん強くなっていきます。

これは自分一人で操作しやすいので
受験勉強では必ず繰り返すように言われます。

ただこれも、記憶の一つの要素でしかないので
他の要素がゼロだと意味がないんです。

他の要素を高めつつ、反復をしていく。

これが第2のコツです。

 

『連想』、これのイメージは
コントに出てくるような引き出しです。

 

こっちの引き出しを閉めたら、
あっちの引き出しが開いて、

あっちの引き出しを閉めたら、
こっちの引き出しが開いちゃう。

見たことありますか?

記憶もこれと全く同じで
ある記憶とまた別の記憶は、
必ずリンクされているのです。

ちょっと考えてみてください。


Q:「徳川」という単語を見て、
何を思いつきますか?




考えられましたか?

「家康」とか
「綱吉」とか
「江戸幕府」とか

なんか色々思い浮かびませんでしたか?

 

でも、あなたが今見たのは
「徳川」だけのはずです。

その「徳川」という言葉が
あなたの脳の中では

「江戸幕府」という記憶と
リンクされているのです。

 

これが連想です。

こんな風に記憶っていうのは
必ず繋がっているんです。

この連想をうまく使って
暗記を進めていくことが、第3のコツです。

 

これら3つの要素を
それぞれ意識して暗記を進めていくと、
びっくりするぐらいスムーズに覚えられます。

本当に魔法にかかったんじゃないかと思うほど
簡単に暗記できてしまいます。

 

そのためにまずは、

記憶方程式を英単語帳の表紙裏に
今すぐにメモしておきましょう!

 

『記憶の方程式』

「記憶の強さ」=「印象」×「反復」×「連想」

 

英単語を覚える時に
これから、毎回確認してください。

こうやって、学んだ知識を
何度も脳に刷り込むことが大事です。

しっかりと定着させていきましょう!

 

以下、塾長所感

 

繰り返しやっていて覚えられない子は

ほとんど頭をつかっていない(連想をしていない)

あるいはイメージできていない(印象に残っていない)

ことが多いです。

 

これは何かと似ているな、これは何かと反対だ、とか

これを見るとあれを思い出す、これとあれの関係は、ああいう関係と同じだ、とか。

 

脳を動かしながら、印象付けましょう!!

いかにインパクトを残すかです!