「手洗ったの?」「宿題やったの?」と聞くと反発されるようになりました。

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】より

 

tekito33

「お片付けしたの?」と注意されると子どもは不愉快

駅の公衆トイレに入ったとき「汚すな」とか「汚く使わないでください」と書かれていたらどう感じますか? まだ用を足してもいないうちから、なんだか疑われている感じがして不愉快ですよね。

でも「いつも、きれいに使って下さってありがとうございます」と書いてあったら、まだ何もしていないのに“いい人”という前提なので信用されているように感じて嬉しいですよね。そして「きれいに使おうかな」と思ったりします。

この人間の心理を利用して最近の駅のトイレで「汚く使うな」と書いてあるところは少なくなってきたように感じます。

これと同じで、帰ってくるなり「手、洗ったの?」「お片付けしたの?」と注意されると、子どもは「これから手を洗おうと思っていたのに!」「これから片付けするつもりだったの!」と反発し、ママのことを「うざい」と思ううようになります。

普段の子どもの行動から「きっと言わないとやらないだろう」とか「洗っていないだろう」と思っても、そのまんま口に出すのは止めましょう。

 

「え、うそでしょ!」と返事してはいけない理由

tekito-2.2-7
(C)あべゆみこ

それから「うそ?」「ほんと?」「マジですか?」の言葉がとっさに出てしまう人。これも、子どもの前ではあまりよくない口癖ですね。

例えば、偏食の激しい子ども。ある日「ママ、今日は給食を全部食べて先生にほめられたよ」と報告してきました。でも、とっさに「え! 本当?」と条件反射していませんか? テストでいつも平均点以下しかとれない子ども。「100点とった」と報告してきたときも素直に「素晴らしい!」とは言わずに「え、うそでしょ!」なんて返していませんか?

親は決して疑っているわけではなく「まあ、本当に食べることができたの、嬉しいわ」「満点なんて頑張ったのね」の気持ちから発した感嘆の言葉でしょうけれども、子どもは「ママから信用されていないな」と感じてしまいます。

更に親の口癖を子どもも真似をして「うそ、ほんと、マジ」を連発するようになってしまいます。

とは言うものの、おもちゃを散らかしている状態を見て、まさか「いつも片づけてくれてありがとう」と心にもないことは言えませんよね。そんなときは、おもちゃ箱に次のように書いて貼っておくのはどうでしょうか。

「いつも元の位置に戻してくれてありがとう。 おもちゃ達より」

もしかしたら、親に言われるよりも“おもちゃ達からのメッセージ”の方が進んで片づけるかもしれませんよ。

 

 

以下、塾長所感

 

よくトイレにも

「いつもきれいにつかっていただきありがとうございます」

って書いてありますよね。

 

要は、あれですね!

 

なるほど。