読むとすぐに勉強のやる気が出る3人の偉人のエピソード1

読むとすぐに勉強のやる気が出る3人の偉人のエピソードより

 

 孫正義:まずは勝ち癖をつけること

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

スマートフォンで有名なソフトバンクの起業家で、2015年度3月時点での総資産は141億ドル(日本富豪ランキング2位)である孫正義。ビジネスの天才と称される彼には、誰にも負けない一本気の信念がありました。

 

1. 16歳で渡米

孫正義は佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で生まれた孫は、在日朝鮮人であるという理由でいじめをうけていました。小学校、中学校の時には、自殺したいくらい悩んだ事もあったそうです。

 

実業家の父親からは、「おまえは在日朝鮮人だから人の何倍も努力しなければいけない。」と言われ、その頃から、1人の大人として扱われ、父の経営する会社の助言を求められていたそうです。

 

そして、高校のときにいった4週間のアメリカへの語学研修で、アメリカの自由さ、人種への寛容さに感銘を受け、日本の高校を半年で中退し、サンフランシスコの英語学校へ入学します。その後、アメリカの高校へ入学し、カレッジを経て、カリフォルニア大学バークレー校に入学します。

 

 

高校を卒業するときの検定試験にて孫を象徴するエピソードがあります。

検定試験は、アメリカの高校を卒業するために必要な試験です。孫は、2年生で入学し、3年、4年と飛び級していたため、アメリカに来て、約半年しか経っていない試験に臨みました。

 

問題用紙は50ページ。まだ、英語力が足りていない孫にとってその分量は不可能といえる量でした。

そこで、孫は試験官に辞書を引きながら解くことと時間を延長をすることの許可を申請します。

 

もちろん、試験官も認める訳にはいきません。最初は孫の申し出を断ります。しかし、孫の粘り強い交渉と、迫力に圧倒され、教育委員会に電話をし、ようやく許可をもらいます。その交渉のかいあり、孫は試験をトータルで30時間程オーバーし合格にこぎ着けました。

 

2. 大学時代 猛勉強の傍ら1億円を稼ぐ

大学時代の孫は、勉強に夢中になり、自分でも世界で一番勉強したというくらい勉強しました。食事や風呂のときももちろん、信号待ちや車の運転中も時間を無駄にせずに勉強していたそうです。(危ないのでまねしないでください。)

 

そんな、孫が1日で使えた時間は1日たった5分。その5分で、大学卒業後の軍資金をつくろうと思っていた孫は1日5分をアイディア出しの時間に充てました。そのアイディアは1年間で250個。

 

そのうちの1つの電子翻訳機をシャープに売り込んだ事で、なんと1億円を手に入れる事が出来ました。それを元手に現在の資本金2000億越えという企業を立ち上げることになりました。

 

3. 孫を成功に導いた考え方

 

 

孫を成功へ導いた1つの考えがあります。

それは、自分の決めた分野では絶対に一位になることです。そのためには、自分の勝てる分野でしか勝負しないこと、その分野を決めたら徹底的に努力する事が必要です。

 

孫は、身長が低かったので、決してバレーボールには手は出さず、歌がうまくなかったので音楽には精を出しませんでした。その代わり、勉強や起業においては、他の誰にも負けないくらいの努力をし、成功を収めてきました。

孫は、まずは「勝ち癖」をつける事が大事だといいます。

 

どうせ頑張っても良い成績が取れないなどと思い込んでしまうよりも、一回でもいいからナンバーワンを目指してみる事が大事だといいます。1度ナンバーワンをとってしまうと意外と1位をとる事に対して特別意識がなくなり、逆に次回1位を取れなかった時に気が済まなくなります。

 

それが勝ち癖です。このパターンで、負け癖のついていたボーダフォンを成長させ、今では業界のトップクラスを走る企業へと成長させたのです。

 

この考えは、勉強にも通じるものがあります。

 

まずは、自分のこれは負けないという分野を作ることが大事です。それは、数学でも日本史でも英単語でも構いません。そこで「勝ち癖」をつけることで、別の科目にも良いサイクルが生まれます。その積み重ねがやがて結果に現れてきます。

 

 

以下、塾長所感

 

 

自分の決めた分野では絶対に一位になること。

これは一番大切なことかもしれません。

 

塾長にとってのそれは、英語でした。

 

高校の時、一回偏差値83とったことがあります。

200点満点で平均点60~70点で195点取ったら、それぐらいいきました。

 

どんな分野であれ、この教科は大丈夫だ!といったものが1つ2つあるだけで

心強くなれます。

 

まずは、スペシャリストになってみましょう!

きっと違った世界が目の前に広がりますよ^^

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    tsubasa (金曜日, 17 3月 2017 19:35)

    ぼくもこれは負けないというものを作っていきたいと思います。

  • #2

    wajyou (金曜日, 17 3月 2017 20:09)

    僕も孫さんのように誰にも負けない分野を作っていきたいと思います。
    僕の場合、勉強では、社会の地理が得意なので、それを頑張ります。