中2プロブレム!? 勉強好きになった子の特徴

中2プロブレム!? 勉強好きになった子の特徴 オーヴォより

 

「中2問題(プロブレム)」 というらしい。中学2年生は、勉強嫌いが6割にのぼることが、東京大学社会科学研究所とベネッセホールディングスの共同研究プロジェクト「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」で分かった。

 小学1年生から高校3年生、約2万1千組の親子を対象に複数の調査を実施し、2015年と2016年の2時点における調査から、12学年にわたる学習の実態や変化を明らかにしたもの。それによると、学習時間の平均は、小1から中1まで増加していくが、中学1~2年にかけては8分減少、中3から高1にかけては31分減少する。進学・受験が終わり、中だるみや学習ばなれが起きやすい学年がくっきり。いわゆる「勉強嫌い」は、小学生は2~3割だが、小6から中2にかけて26ポイントも増加し、中2では6割に達することが分かった。

 では、この勉強嫌いから改めて「勉強好き」になった子にはどんな特徴があるのだろう? 調査では、他の子どもに比べて前年よりも学習時間を増やして(35分増加)いて、これは自然な結果だが、「新しいことを知るのがうれしい」という内発的な学習動機をもって勉強している比率が高く、またさまざま学習方法を工夫している比率も高い。逆に、「先生や親に叱られたくないから」という外的動機付けが勉強する理由になっている場合は、「勉強嫌い」なままの割合が高かった。

 

 

以下、塾長より

小6から中2にかけて26%勉強嫌いが増加することから

 

予防するには

①小6に入る前までに勉強する楽しさ、勉強に対する姿勢、習慣を身につけること

 

実際に勉強嫌い病にかかってしまった人は

特に中2に入る前までに

どうにかすることで、この病から立ち直るきっかけをつくってください。

 

とはいえ、福岡県春日市といった地域情報、教育感度を実際に調査収集すると

小6以前が特に大事なことに気づいていない、または何の手も打たない保護者の方が多すぎます。

ようやく中2ぐらいからそろそろ、やばいんじゃないの?という保護者。

多くは中3の夏、部活終わりに、ようやく焦ってどうしようか、といったパターンを目の当たりにしてきました。

 

 

それでは、遅すぎます。遅すぎるんですね。以下に遅いという根拠を提示します。

 

中3夏では遅い。

せめて中3の春、夏前までがタイムリミットでしょうね。(夏はみんなやるので差がつかない)(5・6月の定期テストは内申査定の評価がつく)

 

今日は4月20日ですが

中3に関しては、高校に行くための正式な通知表(成績)がつきます。

高校受験は始まっています。(実は中1、中2の内申も参考として記載はされます)

 

 

中1、中2のみんなは

今以上に外部の試験、県模試、フクトのテストをして

自分の立ち位置(学校だけではなく、県内)を

把握しておくことが必要だと思います。

 

どのご家庭も

特にお子さんが長子である場合、高校の最新情報やら進学情報に乏しい場合が

多々あるのでいろんな情報を集めていった方がいいと思います。

 

情報は力です。保護者の方には必要な情報を得る意味でも塾を活用していってほしいですね。