90%以上の生徒がもったいない方法でやっている丸付け、やり直しの方法

今まで多くの生徒を見てきましたが、

丸付け(正解・不正解を判断して〇をつけ間違えば✖をつけ、間違った答えは正しい答えを記入)

をもったいないやり方でやっている生徒が多いことか!!

 

だいたい、みんな〇✖をつけて

答えをみながら、そのまま答えを書き写してしまう人が大多数なのです。

 

え、それ以外の方法があるの?って?

 

あるひとつのことを加えるだけで

定着率が格段に変わってきます。

 

それは

いったん問題文を読むことを

加える。

ただそれだけです。

 

え?

それだけ?

 

それだけです。

 

答えは質問の答えなので

 

答えのみだけでは成り立つはずがありません。

しかし、

子どもたちは

答えだけを書き写して丸付けを終わらせようとするのです。

 

まずは、そのクセづけをしてしまえば

質問に対する答えをして脳が認識したうえで記憶するのです。

 

 

基本的ですが、ここを飛ばしてしまっている人がほとんど。

そりゃ、いざテストで覚えているわけないですよね。