テレビを見ることで学ぶ力が、、、?

今回のテーマは「テレビを見ることで学ぶ力が、、、?」

です。

 

ヘブライ大学のある心理学者によると

テレビを多く見る人は見ない人に比べて自分への満足度が26%も低くなるとのこと。

 

テレビを通して、社会的比較によって自分の現状や才能に不満足を抱くようになるという。

また、

テレビを見る場合、受動的な見方をする場合が多いため、自ら学び取ろうとする力が失われていく。

 

もちろん、テレビを見ることでプラスになることもあるだろうが

マイナス面が指摘される傾向にある。

 

中途半端にテレビを見たり見なかったりするのではなく

 

どっぷりとテレビ漬けの生活を送るか

全くテレビとは無縁の生活を送るか

 

実験すると良い。

 

塾長が大学4年生の時は、テレビをあえて見ないし、自宅にそもそも置かない生活を

送っていました。

リアルな世界に生きる、何事もアクティブに!という精神でした。

交友関係も広がりましたし、楽しかったですね。

 

現在、仕事の関係上、携帯電話を常に持っていますが、携帯電話に行動が縛られているなと

感じることも多々あります。

 

 

期間を決めて、携帯電話と無縁な生活をしてみることも

また新たな発見ができそうで、面白いですね!

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    リミット・ミラー (水曜日, 10 5月 2017 20:55)

    私は、携帯をしてばかりだから、もうちょっとその時間を減らして生きたいです。
    そして、学ぶ力も上げて生きます。
    ↑頑張ります。(これ)

  • #2

    フジモン (木曜日, 11 5月 2017 20:19)

    いやーーーーーーーーーーーいい記事をお書きなさった( ´∀` )
    おかげでテレビをぞんぶんに見れる理由ができましたと思っていましたが、、、、、、、、、、、
    満足できるように努力するためにもテレビを極力見ないようにしたいと思います。�������