学力がよく伸びる生徒の特徴

今回の話題は「学力がよく伸びる生徒の特徴」について。

 

ミシガン州立大学の心理学者によると

学力がよく伸びる生徒は

こころのなかで自分で自分に話しかけたり励ましたりしている、ということだった。

 

たとえば、

学力がよく伸びる子は

数学の問題を解くときに

こころのなかで「ここまではいいぞ!!良い調子だ!」「正解にたどりつきそうだ!やったー!」

など

 

こころのなかで自分自身に話しかけて、励ましているという。

 

そういう習慣がある子は、今は数学が苦手でもそのうち成績もよく伸びる傾向にあったという。

 

自分自身を励ましたり、褒めたりすることが非常に重要だということだ。

 

日記に自分のすばらしいところ、今日できたこと、よかったこと、うれしかったことだけを埋め尽くす

ステキなノートを作ってもいいと思う。

 

すばらしいこと、いいこと、うれしかったこと

などでいっぱいのステキなノート作ってみませんか?

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    fujimon (火曜日, 16 5月 2017 19:49)

    自問自答ってなんかより深く考えそうであんまりしないほうがよさそうですが
    別の場合もあると言う・・・
    俺も勉強のできる子になれるようにしたいっす( ´∀` )

  • #2

    ?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?! (月曜日, 29 5月 2017 18:44)

    心の中で、僕は一つだけしか頭に出なくて解き方が違うときがあったりしたので
    これに書かれているように自分を励ましながらしっかり見直しをして
    自分の考えに自信を持ちたいです。

  • #3

    masaya (月曜日, 29 5月 2017 18:55)

    確かに、そうですねーー。 あーーーーできんとか、マイナス思考
    してしまうので、自分と、話すのも、いいですね。