覚えるだけやろ?と甘く見てませんか?社会や理科、暗記系科目の必勝法

今回の話題は「社会や理科の暗記系科目」について。

 

 

一般的に言うと

 

積み上げ式の英語や数学(算数)と異なり

社会や理科は

それぞれでひとつの項目として成り立っているので

努力をすれば

単元によっては前回のテストとは比べ物にならないぐらい成績が上がることがあります。

 

しかし、ここで注意したいのは、

社会や、理科は覚えるだけで、やればすぐに上がるから塾ではしないでいい!

自分でできるやろ?

と勘違いをすることです。

 

特に

成績を上げたいと思っている多くの子は多くの助けを必要としています。

 

ひとりで出来る子は、ひとりで出来るのです。

 

困っているからこそ、塾に来てがんばっているわけです。

保護者が陥りがちな考え方は

 

社会や理科は暗記科目だから、本人がやる気になってやったら伸びると思うことです。

 

社会、理科で成績が伸び悩んでいる子は

自ら、やる気になって覚えようとしません、というか

そのやり方がわからない、その習慣がついていない。

 

だから、面倒くさくてやらないままで、、、。

といった状況になります。

 

ですから、塾の場合、

その状況を打開するには、

そういう環境をつくっていく、習慣化させていくことが重要になります。

 

その子に合った勉強法、教材、テストを駆使してやっていくわけです。

 

社会や理科、暗記系科目の必勝法ー

それは毎日、社会、理科の問題に触れることです。

習慣化させることです。

 

ミニテストをやることです。

次のテストまで毎日ミニテストを続けてみてください。

違いを実感できますよ、特に社会理科を伸ばしたい子は。

 

自分で自分を律するのが難しい場合は

塾の出番です。

教材や問題はいくらでもあるので

毎回そういった環境を整えることもできます。

 

本来なら空き時間に自分で確認ミニテストをしてくれたらいいものですが

なかなかできないといったのが現状でしょう。

 

いろいろ塾を活用しましょう!