青春の

青春の夢に忠実であれ。

(フリードリヒ・フォン・シラー、ドイツの詩人)

 

若い時の夢や志を持ち続け、努力しよう。粘り強く、継続した者にしか見られない景色が、きっと現れるはずだ。

 

今生きている日々のこの瞬間瞬間に、

めまぐるしく変化していく一瞬一瞬に

 

対応していくと

 

大きな幹が崩れかけることがある。

しかし、踏みとどまって

今一度、自分の土台を見つめなおすことが必要。

 

それが若い時の夢や志。

 

ひとりでも多くの生徒の笑顔が見たい!!