明日ありと思う心

明日ありと思ふ心のあだ桜

夜半(よわ)に嵐の吹かぬものかは

 

親鸞(浄土真宗)の開祖。

 

明日に花見を予定していても、嵐のため桜が一晩で散ることもある。

同じように、今日やるべきことを明日に伸ばせばよいなどと思ってはならない。

 

 

状況は絶えず変化しているということを伝えたかったんですね。