人の一生

人の一生は重荷を負うて

遠き道を行くがごとし。

急ぐべからず。(徳川家康)

 

誰もが、悩みや苦しみを背負って生きている。

この言葉のあとに「不自由を常と思えば不足なし」と続く。

 

急がば回れ。

地道に、着実に、一歩ずつ。

 

悩みや苦しみを背負って生きていける覚悟はあるか。

 

常に感謝の気持ちと謙遜のこころをもって

誠実に生きていきましょう。

 

その姿勢があれば、事態は必ずやいい方向に好転することでしょう。

 

地道に、着実に、一歩ずつ。