幼児教育に力を入れないと結果的に損をする?

mamariより

 

「子供が小さい頃にゲームをさせるのは悪影響?」
「教育にはいつ投資するのが正しいの?」
「子供にご褒美をあげるのって良いの?」


一体どんな教育が、我が子にとって「良い」のだろう…と悩むことも多いのではないでしょうか。

 

文部科学省の調査によると、


家計が大学卒業までに負担する平均的な教育費は、
幼稚園から大学まで全てで、国公立の場合でも約1,000万円、
私立の場合では、なんと約2,300万円にも上るようです。



また子供がいる家庭は、年収の約40%を教育費に使っているとも言われています。



人々は、「教育段階が高くなればなるほど教育の収益率は高くなる」、
すなわち、幼稚園や小学校の影響よりも高校や大学の影響の方が大きい
と考えることが多いようです。



このため、子供が小さい時はお金を貯めておき、
そのお金を大学の入学金に充てる、といったエピソードがよく見受けられます。

 


しかし、科学的に実験を行った結果、
ほとんどの経済学者はそれと正反対だと結論付けています。


「もっとも影響が大きいのは、子供が小学校に入学する前の就学前教育(幼児教育)である」。

3歳までの子供への投資が、その子のその後の人生にプラスの効果をもっとも多くもたらすと言えるのです。

 

以下 個別指導塾 塾長所感

幼い時にいろんな体験をさせたりお金をかけることで
ゆくゆくはその子の人生のプラスになるでしょうし

子は親に恩返しをするようになると思うので
早めのうちに教育に力を入れておいた方がいいなと思いました。

意外にも後々のリターン(いろんな意味で)

が返ってくる効率を考えるとはじめのうちが大事なんだと思いました。