親子間の最高のコミュニケーションとは?

ズバリ!!

 

読み聞かせです!!

 

これは

読み手、聞き手

どちらにも

 

効果があるんです!!

 

2008年5月6日のインターネット上の産経ニュースの記事によると

読み聞かせ中の脳の働きを調べる実験が日本大学大学院総合科学研究科の泰羅雅登教授を中心とする研究チームによって行われました。

 

この実験によって、初めて読み聞かせの効果が科学的に実証されました。

 

 この実験の結果

 

読み聞かせ中に読み手である母親の脳では前頭前野が活発に働き、

聞き手である子どもの脳では大脳辺縁系が活発に働いていることがわかりました。

 

前頭前野は、思考や創造力、コミュニケーション、感情のコントロールといった機能を司る。

大脳辺縁系は喜怒哀楽を生み出し、その感情に基づいて基本的な行動を決めている部分。

 

読み聞かせは親子の絆をつくる良い機会となるでしょう。

親子ともに成長していけるってステキですね☆

 

 

早いうちから

読み聞かせ含め教育について考える機会をぜひつくってみてください☆

 

 

教育は投資です。

のちのち

大きなリターンとなって返ってきます。